WEB広告からの脱却!コンテンツマーケティングで新規顧客獲得

SEO

WEB集客の代表的なものにWEB広告があります。
しかし、年々広告単価が上がり頭を悩ませている人も多いと思います。

まず、WEB広告から脱却するために必要な事は、WEB広告を出さなくても集客が出来る仕組みを作ることです。
WEBでそれを行うには、WEBサイトのアクセスを稼ぐ方法とSNSから呼び込む2つの方法しかありません。

今回紹介する記事は、WEBサイトへのアクセスを稼ぐコンテンツマーケティングと言う手法です。

WEB集客の基本はコンテンツマーケティング

そもそもコンテンツマーケティングとは何なのか?

見込み客が抱えている悩みに対し、自分が持っている専門性の高い情報を駆使しその悩みを解決させるコンテンツを発信することで、見込み客との信頼関係を構築し顧客に育成するマーケティング手法です。

どうしてコンテンツマーケティングが有効なのか?

それは、良質なコンテンツをGoogleが評価しようと考えているからです。
別の記事に書きましたが、以前のSEO対策はとにかく被リンクが評価対象となっていました。
その為、コンテンツの質にかかわらずお金を沢山払い被リンクを稼いだWEBサイトが検索上位に表示されていました。

その影響から、良質なコンテンツを作っても上位に表示されないことも多く、その情報を必要とするユーザーに届ける事が出来ませんでした。

しかし、検索エンジンの改善によりこの様なSEO対策では上位表示されなくなり、コンテンツ自体の質が検索ランキングに影響してくるようになり、良質なコンテンツが上位表示されるようになってきました。

良質なコンテンツを作れば、Googleが多くの人を集めてきてくれるのです。

WEB広告との違い

WEB経由での集客と言う意味では、コンテンツマーケティングもWEB広告も変わりません。
大きな違いは、WEB広告は、企業側からターゲットに対してアプローチをするのに対して、コンテンツマーケティングは、企業が事前にターゲットの役に立つコンテンツを準備しておき、顧客自らが企業サイトへアクセスします。

それぞれどのようなメリット・デメリットがあるのか比較してみます。

WEB広告の特徴

主なメリット

  • 広告費を払うことで、狙ったターゲットに対して一定数広告を見せることが出来る
  • WEB広告の実績があれば、問合せ率の予測もできやすいため売上の計算がしやすい

主なデメリット

  • 競合がいる場合、広告費が上がっていくため資金力勝負になる
  • 広告を終了したら直接的な集客はできなくなる

キャンペーンやイベントなど短期間で売上を上げる場合に、WEB広告はとても有効です。

コンテンツマーケティングの特徴

主なメリット

  • 優良なコンテンツを作ることで、安定したアクセスが稼げる
  • 継続すればするほど集客力が上がる

主なデメリット

  • 成果が出るまでに時間が掛かる
  • 優良なコンテンツをつくる労力が掛かる

ビジネスを長期的に伸ばしていきたい場合に、コンテンツマーケティングはとても有効であり、WEB広告から脱却したいと考えているならコンテンツマーケティングをオススメします。

WEB広告からコンテンツマーケティングに移行するメリット

資産価値がある

コンテンツマーケティングの一番のメリットは、資産化できるところです。
良質なコンテンツとしてSEOの評価が上がった場合、継続的な集客効果が見込めます。

継続すればするほど集客力が上がる理由はここにあります。

資産価値があるとはどういうことか?

良質なコンテンツを作ると、Googleから評価され上位表示されます。
そして、そのランキングはあなたが作ったコンテンツよりも良いコンテンツが出現しない限りは変動しません。

そして、その評価は、コンテンツひとつひとつが評価されます。
一つのコンテンツでは、1日のアクセスが10だったとしても、コンテンツマーケティングを継続して100記事投稿した場合、1日1,000アクセスになります。

WEB広告は消費されますが、コンテンツは資産になります。

この資産形成がコンテンツマーケティングだと言えます。

まとめ

WEB広告から脱却してコンテンツマーケティングと言う記事なので、コンテンツマーケティングをべた褒めする内容になっていますが、どちらかが優れていると言うものではありません。

お金はかかりますが簡単に出来るのはWEB広告です。
問合せ率の高いランディングページを作り広告を出せばすぐに成果が見込めます。

コンテンツマーケティングは、地道な作業を繰り返し土台を築き上げる作業です。
やり続ければ成果が上がりますが、時間と労力が必要です。

使いどころを間違えず、あなたのビジネスに合う手法を選びましょう。