「貧乏人は子供産むなってこと!?」についてフツー目線で考えた

Room8ブログ

ちょっと前、こんなツイートが注目を集めました。

貧乏人は子供産むなってこと!?と発狂してる垢に言いたい。そうだよ、貧乏人は子供作るべきではない、と。私は家が貧乏だったせいで何度も惨めな思いをしたし、何なら小学生のときから貧乏人は子供作るべきではないと思ってる。

 このつぶやきに対してリツイートは1万を超え、「イイネ」は3万!!を超えています。リツイートの多くが「私もそうだった」と好意的に受け止め、自分がいかに悲劇の人生を歩んできたかを重ねて語っています。確かに、Yahoo知恵袋を見ても「ビンボーな旦那と離婚したい」的なお悩みのトピックがよく上げられているようです(わたし調べ)。

 一方、YouTubeを見ると、チャンネル登録者数がウン万を超える影響力のあるキレ者たちが「結婚は効率が悪い」「結婚にメリットはない」「子どもは金と手間がかかるだけ」なんてブチ上げ、拍手喝采を浴びていることから、いかにも「成功者」になるためには、それが正解であるように見えています。(2ちゃん創設者ひろゆきさんの「結婚する奴はバカ、だから僕もバカなんだろうね」という話はなんか好き)

 サラリーマン勤めをし、家庭とローンをギリギリのやりくりで支え、日々衰えていく体力と毛髪に悩む私を「みんな/マジョリティ/普通」と定義すると…、仲間のみんながステレオで耳にする意見が、極端なものばかり、という今の状況が気になって仕方ありません。

 反町隆史さんが歌うように、言いたいことが言えない世の中はポイズンですが、勝手に言いたい放題だらけの世の中もポイズンだと思いませんか。

世にあふれるポジショントーク

 あ、別に、そこそこフツーの生活が1番の幸せですよね、とはるか明治から残る富国強兵のバイアスを正論とするつもりはありません。ただ「貧乏人は子供つくるべきではない」とか「結婚は効率が悪い」という強い言葉が正論のようにまかり通りつつあるのは、みんな/マジョリティ/普通の層にとっては、間違いと言われているみたいで苦しくないかと、誰にも頼まれていないのに「“みんな”を守らなきゃモード」になっています。

 加えて、この不幸/体制批判の押し売り感が、バックエンド(利益商品)の入口にしか見えない。個性的で普通とは異なるポジションからの言葉に引き寄せられてないかと心配です。不幸不安をあおるのは宗教家と詐欺師の常套手段だよ、的なことをアメリカの人気ドラマ「メンタリスト(吹替版)」の主人公パトリック・ジェーンも言っていますし。(見て随分たつのでうる覚えで恐縮)

 陰謀論好きとしては、どこか他の国が間者(スパイ)を放って人口を減らすよう流言を広め、国を滅ぼそうとしているのでは、なんて「信長の野望(by KOEI)」的なことも思ったり。

 なんて、ポイズンにもメディシンにもならない話をYouTubeでやってます。よろしければチャンネル登録を…。あれ?これも一種のポジショントーク?

リツイート3万超!「貧乏人は子供産むな!ってこと?」について、フツーに生きてる側から言わせろください。